日本初!ミスコンテストに特化したポータルサイト

MR COLLE - ミスターコレ

ENTRY 04

西谷地利穂Nishiyachi Riho

文学部 比較文化学科4年
BIRTHDAY 生年月日
1993年05月17日
BIRTHPLACE 出身地
福島県
HEIGHT 身長
165.0cm
BLOOD GROUP 血液型
A型
  • 趣味

    音楽、ミュージカル、美術などの芸術を鑑賞すること。アニメや漫画を見ること。また、私は幼い頃からおとぎ話などの世界がとても好きで、キャラクターに扮して世界観を表現した写真を残したりしています。自分で何か作品を作り上げることは楽しいです。

  • 特技

    特技といっていいかわかりませんが、昔から割と何でもこなしてしまう気がします。
    現在は英語を専門としていますので学部も文系に所属していますが、元々は理系で当時は上位になることがほとんどで、スポーツもしていました。論文を書いたり、絵を描いて賞をとることもしばしばありました。

  • 所属サークル

    所属しておりません。実は入学当時友人とお料理サークルを立ち上げようと試みたのですが、人数や場所などの条件を満たすことが困難で残念ながら正式には認めて貰えません断念しました。

  • アルバイト

    現在はしていませんが、ボランティアや、埼玉県秩父市の銘仙という着物のPRのお手伝いをしています。銘仙girlとしてファッションショーに出演したり、西武鉄道の観光列車に乗車させて頂いたことはメディアでも取り上げて頂きました。

  • よく行くエリア・スポット

    想像(妄想)の世界

  • よく使うアプリ

    TwitterなどのSNS、You Tubeを使うことが多いです。

  • コーヒー派?紅茶派?

    紅茶派です。私は、ミルクティーに香りづけとしてブランデーを入れて飲むのが好きです。おススメなので、是非お試しあれ!

  • 自分を色で例えると?

    よく白、ロイヤルブルーがイメージカラーだと言われます。

  • 休日の過ごし方

    教職関連の課題や勉強をしていることがほとんどですが、その合間にレンタルDVDを見て過ごしています。まだ余裕のあった一年生の頃は、土日に2、3本の映画を観て、感想などのレビューをノートに記録して分析していました。

  • 平均睡眠時間

    約3~5時間です。私は、寝つきがあまり良くないので、一般的に見ると短いかもしれません。

  • よく読む雑誌

    その時気になったものを読みます。

  • 旅行で行きたい場所

    行きたい所が多くて迷います…。でもまずはフランスへ行き、モン・サン=ミシェルやシンデレラ城のモデルとなったノイシュヴァンシュタイン城(諸説あり)を見に行きたいです。ルーブル美術館はもちろん必須です!

  • 無人島に1つだけ持って行くもの

    ネコ型ロボットを連れていくというのは反則でしょうか??!

  • ストレス解消法

    私はディズニー映画やミュージカルがとても好きなので、よく一人で歌ったり踊ったりしています。人に見られたらかなりまずい光景ですね…笑

  • マイブーム

    筋トレをすることです。綺麗な腹筋を見るのが好きなのですが、なかなか見る機会はないので、もう自分で作るしかない!と思い立ち、色々と試しています。

  • 最近買った一番高い物

    教科書、参考書類です。5月に教育実習に取り組んでいたこともあり、もっと勉強しなきゃとついつい買ってしまいました。学業品は意外と高額になってしまうことがしばしば。

  • 最近一番言っている言葉

    「お腹がぷよぷよになってきたよ~!でもチョコ食べたいよ~(泣)」な気がします!


  • 尊敬する人

    祖父と母です。
    祖父は頭脳明晰でありましたが、それだけではなく多方面に目を持ち、多くの人々から尊敬されていました。様々なことを独学で学び、絵画や書道で賞をとったり、器用さを生かしてよく物作りをしたり。ユーモアあふれる創造性を持ち、私にも多くの素晴らしいものに触れさせてくれました。
    その娘である母もまた、バラエティに富んでおり、勉学はもちろん、スポーツや芸術などにおいても優れた力を持っていました。そして何より、人の心を大事にする人でしたので、そういった教育を受けた私は、人間の本質は豊かな人間性であるということを常に忘れないようにしております。

  • 好きな男性有名人

    この人!という人がいません…すみません!

  • 好きな女性有名人

    日本人の方では、柴咲コウさんが好きです。
    どこから見ても美しくて、その源となるものは何なのか考えてしまいます。

  • 好きな芸人

    私はあまりお笑い番組を見たことがないのですが、唯一家族で見ていた、「行ってQ!」に出演していた芸人さん達はみんな面白いな、と思います。

  • 好きなテレビ番組

    glee, Once Upon A Time 等

  • 好きな映画

    実写「シンデレラ」、「君に読む物語」
    この二つは私の中の不動の名作です。

  • 好きな本

    最近は「嫌われる勇気」です。
    父は上京している私に、自分が読んだものの中で必要だと思ったものを定期的に送ってくれます。その中に、この本がありました。私は心理学や哲学にも興味があり、よく読んでいたので、今はこの本に注目しております。

  • 好きな歌手

    主にミュージカル音楽ばかり聴いておりますが、Maroon5, The Cardigans, P!nk,なども好きです。やはりマイケルは永遠のスターですね。

  • 好きな食べ物

    甘い物には目がありません。特にシフォンケーキは大きなワンホールを一日で食べてしまう程好きです。

  • 好きな場所

    自分の部屋が一番好きです。外に出て色々な場所に行くのももちろん好きなのですが、気兼ねなくゆっくり過ごせる自室が一番安心できる場所です。

  • 掛けられて嬉しい言葉

    「ありがとう」や「いてくれてよかった」などの言葉は嬉しいです。ポジティブな言葉はどんなものでも嬉しいものですが、“利穂だから“というような言葉かけは自分自身報われる気がして、もっと役に立ちたいと思います。

  • 「ドキッ」とする異性の仕草

    手がきれいな人が好きなので、そういう人がいたら見てしまうかもしれません。
    仕草というより、意外な一面(見た目は草食なのに、実は男らしい等)を見せられたら、ドキっとしてしまいます。

  • こんな異性に惹かれます

    人として尊敬でき、思いやりのある人に惹かれます。でも“普通”過ぎるのはあまり好みません。私自身個性のある人間だと思っていますので。
    知的で、さらに広い視野をもった人と共に多くのことを学べたらいいなと思います。

  • 理想の告白シチュエーション

    一生懸命考えてくれたことがわかるもので、直接伝えてくれたら嬉しいです。
    私はロマンティックなことが好きですが、少女漫画のようなベタなものも憧れます。
    壁ドン告白はちょっと怖いですがw

  • 初恋はいつ?

    高校一年生です。冗談なしで、深夜にたまたまやっていた物語シリーズの阿良々木暦というキャラクターに衝撃を受けました。

  • 友達が異性に変わる瞬間

    そんな経験がなくてピンとこないです…。

  • もし一目惚れしたらどうアプローチする?

    しばらくはしないです。どんな人なのか知りたいので、まずは遠くからじっくり観察してしまうと思います。

  • 自己流モテるテクニック

    自然体でいることです。何でもない日常の中で見える姿が素の自分ですし、誰かの前でだけ取り繕ってもそれは偽りの姿なので、どこかで必ずボロが出そう。なので、モテるテクニックを考えるよりもむしろ、どこを見られてもいいような素敵な人間になれるように自分自身を磨く方が大切なのではと思います。

  • 理想の結婚相手

    誠実で、頼れる人。何年一緒にいてもお互いを尊重し合えて、新鮮な気持ちでいられる相手が理想的です。

  • 学生生活を一言で表すと?

    忍耐

  • 今までで一番笑ったこと

    いつも笑うようにしているので、覚えていないです…。これからそんな出来事を体験できるといいなと思います!

  • 今までで一番泣いたこと

    自己嫌悪に陥ってしまい、将来に対しても希望を見出せなくなってしまった時かなと思います。

  • 今まで一番嬉しかったこと

    努力が認められた時です。小学校~高校生までは、試験で満点をとり1位になれたことや、陸上や水泳で良い成績を残して選抜メンバーに選ばれたことなど。そういった中でも、私に出会った人たちに「あなたは本当に心が綺麗で自分も考えさせられた。」と言って頂いたことが何度かあるのですが、内面を認めて頂けることは特に嬉しいです。

  • 今まで一番疲れたこと

    これまでの人生の中での一番を決めるのは難しいですが、最近のことですと、あるCMに出演することになった時です。その時は真冬だったのですが、朝4時に起きて現場に行き、1日中撮影をしていました。
    なんにせよ、何かを生み出したり結果を出すための過程に、苦労や疲れのないものなんてないと思います。

  • 今までで一番美味しかったもの

    母の料理です。
    これまでどんな高級な料理を食べたとしても、母の味程ほっとするものはありませんでした。

  • 100万円あったらどうする?

    この100万円が自分の力で何かしら得たものであれば、やはりまずは両親に何か贈り物をしたいです。これまでに支援してもらったことは金額だけでは計り切れませんし、実際100万円ではまだまだ足りないかと思います。それにお金を返しても両親は喜ばないはずなので、私自身がしっかりと自立した上で、このお金を使って何か素敵な贈り物をしたいですね。忙しい両親には、ゆっくりできるような場所で快適に過ごせる旅行などがいいかもしれません。

  • 1つだけ願いが叶うとしたら?

    魔法使いになりたいです。魔法を使って、ハーマイオニーのような知性と正義感で、ただの人間の私ではできない行いをして世界を変えてみたいです。正義が必ず勝つ、みたいな理想の世界を一度は見てみたいものです。


  • 将来の夢

    多くの人々から尊敬されるような教育者となることです。私は、大学では教職課程を受講しており、将来は教師になることを志しています。しかし、ここでいう教育者というのは、ひと口に教員という意味ではなく、人生における師にという意味も含まれています。人間は、一生学び続ける生き物です。学問的なことはもちろん、様々な経験を通して、生きる力を養っていきます。私は、そんな学び続ける人々に良い影響を与え、心に残るような存在になりたいと考えています。


  • 座右の銘

    『この世に偶然は存在しない。あるのは必然だけ。』
    人生の中で起こる全ての出来事には意味がある、そう考えると、どんなに辛い出来事も自分には必要であり、与えられた特別な試練だと思うことができます。
    私は学生時代、容姿のことで悪口を言われ、孤立し、ひどく傷ついた時期が長くありました。その時のことも今は、人の心の痛みを身を持って体験できた良い経験だと思っています。将来教育者を目指す私に、内面の美しさを大切にして人の心に寄り添い、同時に立場の弱い者の気持ちに気付ける力を身につけさせるために、神様が試練を与えたのかもしれません。

  • ミスコンテストに参加したきっかけ

    何人かの友人に勧められたことがきっかけです。はじめは、「私なんかが…」という気持ちで踏み出せずにいました。しかし、大学生活を振り返り、私はこれまでに自分を変えるほどの何かに挑戦したことがあるだろうかと考えた時、大きなことはできてなかったなと改めて気づかされました。そこで、過去の経験から自分に自信が持てず、自己主張が下手な自分を変えたいと思い、今回思い切ってエントリーしました。

  • 頑張ろうと思っていること

    まずは改めて自分自身を見直し、短所を少しでも克服できるよう努力したいです。長所は更に伸ばし、今回このような機会を頂けたことを生かして、私にしか発信できないことを伝えていきたいと思っております。生まれ故郷である福島県南相馬市では未だ東日本大震災の影響が残っていますので、市民の一人としても復興を支援し、各地域の希望となれるような存在になれるよう取り組みをしていきたいと考えています。

  • アピールポイント

    私は、美しさはまず内面からであると考えていますので、常に教養を深める努力をしています。文武両道を目指し、芸術や文化、作法なども学んできました。それらを踏まえ、色んなことに対する広い視野を持ち、ウィットに富んだ話ができるという所が自分のアピールポイントではないかと思います。同時に人の話をよく聞き、物事を多角的に見るようにも心掛けています。しかし、まだまだ未熟でありますし、学ぶべきことはたくさんありますので、初心を忘れずに精進していきたいと思う所存であります。

  • ミスコンテストへの意気込みを一言

    大学生最後の年に、このような場に選んで頂けたこと、大変嬉しく思っております。玉川大学の代表として、心身共に美しい女性を目指し、誠実さと個性を大切にして取り組ませて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。コンテストに関わる全ての人への感謝の気持ちと、謙虚な姿勢を忘れず、この機会を有意義なものにしていきたいと考えています。私を通して玉川大学の良さやはもちろん、多くのことを発信し、心に残る存在となれれば幸いです。